UC63Pro

この手の竿は色々質問が多いので説明を入れておきます。参考にされてください。
今回はスピニングベイト共に1ティップ2グリップという仕様です。市販品は以下の写真のようになっております。



共に59PROの後継機種として新しくラインナップされております。今回はベイトとスピニングで若干硬さを
調整しております。ベイトのほうがやや硬めにスピニングは59と比べ微妙に硬い程度。
下の比較写真で確認できます。



上がベイトモデル下がスピンモデルです。340gのジグをティップにつけて曲げています。
無負荷時の傾斜は約30度程度(厳密ではありません。)




77Bとの比較63はかなりライトな仕上がりとなっています。バットの径を見てもわかると思います。




グリップ長さは59から63になりましたのでやや長めですが77と比較してはやや短めです。
今の状態で私の場合脇から後ろに出る程度です。




↓59との比較。同角度で同じ加重をかけています。
両方ともスピニングですがやや気持ち63のほうが硬い感じです。
ただし、この加重においてですのでどこまでも硬いわけではありません。

ハンドル長さは59エクステンションの長さより気持ち長い程度です。
トップは上の状態で並べたらこのぐらいの長さの差が出ます。



UC63PRO   価格45000円 ユーザー割り対象品
普通にファイトはマックス3キロドラグ程度を目安
キャスト10−20g  ジグ 100−50m スロー100m 270gあくまで参考値ですので
好きに使ってください。